脱毛コース(内容と価格)

neko1a.gif neko1a.gif neko1a.gif
揺れるハート 脱毛・フォト美顔の部屋
脱毛フォト.jpg

 

pro35-logo.gif

datut.jpg

 

neko2a.gif neko2a.gif neko2a.gif
スカンジナビア デュプロ.jpg

 

【脱毛の手順】
datu1.jpg
datu2.jpg
★ジェルは、常に新しいジェルをします。
datu3.jpg
datu4.jpg
  
サロンで脱毛行う場合の『より安心・安全のために
このたび、メーカー様からのご指導のもとに
『お客様への安全』『エステティシャンの安全』
のために、【目を守るためにゴーグルを使用いたします

これにより、皆様により安心・安全に施術できることと思います。
脱毛室に準備しております。
施術前にご使用のご協力よろしくお願いいたします。

 

*** サロンで使用しております脱毛機 ***

 

【減毛・除毛を目的とした美容トリートメント】

医療用レーザーの光線に比べて、数段波長の長いフラッシュプラズマ光線を使用しております潟Xカンジナビアのマシーンです。毛根周辺は、まわりの皮膚組織よりメラニン色素が多いため、光の吸収力がより高くなります。

また、レーザー光線が一直線の光であるのに対し、フラッシュプラズマ光線は光が拡散するので、深く幅広く、脱毛範囲を捕らえることが可能です。

 日本人のように、肌が黄色系で黒い毛(メラニン色素が多い)には最適な脱毛法といえます。

 

a-l-h7.gif

*** 1照射とは・・・ ***

 

これは、一回脱毛するために光を当てるのですが、その場合に1回あたりの面積は大体1cmX3.5cmだそうです。そのため必要とする照射数は、個人差が出てきます。

下記の照射数は、あくまでも目安としてください。

但し、もし購入してしまい残った照射数は、別の場所でも使用可能になります。

もし、気になる部分が多い方などは多めに申し込みいただいたほうが割安になるということになります。

但し、一定期間をあけて行わないといけませんのでご理解ください。これは、毛周期との関係もあります。

 

施術にご来店されるへ・・・

施術にご来店される前(3〜4日前)に、シェーバーまたはかみそりにて処理をしてからご来店ください。


●ご来店後の手続き
 お客様へご説明とカウンセリングをさせていただきます。
 お客様の肌の状態などをお調べしてから行います。


●施術後は、下記のことを行わないでください
 例として
 スポーツ・マッサージ・海水浴・温泉・サウナ・などからだを内外から温 める行為や摩擦する行為は避けてください

datumou1611.jpg

上記の金額は、すべて税別で表示しております

こちらの表は、今までご来店いただき施術されたお客様の平均数を掲載しております。あくまでも、目安としてお考えください。施術の回数を重ねてゆきますと照射数も減少いたしますので、詳しくお問い合わせください。

また、施術時間ですが、両脇でしたら10分程度で終了いたします。 

a-l-h7.gif
chu.gif chu.gif chu.gif

 上記の例は、ほんの一例です
ほかにもさまざまなコースをご用意しております“背中”“お腹”“Vライン”“ひじ上”“ひざ上”“ゆび”などなど,お客様の気になるところをできる限りすべて対応します

 

 詳しくは、お電話・メールでお問い合わせください 
お電話は、フリーダイヤルで
 0120-32-3788
(携帯電話からも無料です)
◆10,000照射以上ご契約していただいた場合には、
1照射あたり@30円にて割引いたします。その場合は、お客様の気なる部分を優先して行ないますので、かなりの場所を行なうことが可能です

 

 a-l-h7.gif
a_line018.gif

【一時脱毛の影響】

 

『シェービング』
毛の成長には影響はありませんが、皮膚トラブル(かみそり負け)が起こりやすい。また、剃られたことにより毛全体の太さが同じになるため、太く粗く見えてきます。電気分解を行なう場合、熱に対して非常に敏感になる人が多くなります。
『ピンセット脱毛』
一番問題となる脱毛法です。抜くことにより血球の供給を増加させ、以前より太く粗く根強い毛を早く生えさせ、毛穴自体もも少しずつたくましくなります。また、毛周期も異常に早くなります。毛が抜けた場所の空洞部にブドウ菌が侵入し、炎症を起こす危険性もあります。
『脱毛クリーム』
脱毛クリームに含まれるアルカリの化学作用によって、毛のタンパク質構造のケラチン結合を切り離してしまう方法です。皮膚表面に現れている部分にしか作用せず、すぐにまた怪我伸びてきます。
『脱毛ワックス』
使用後、場所によってはこれまでにみられなかったうぶ毛が見られることがあります。皮膚に強い刺激が与えられるため、毛穴を角質層がふさいでしまうこともあります。
『ブリーチ法』
細かい毛には作用しても、剛毛にはなかなか作用しません。また、脱色を続けることにより毛足が長くなります。
a_line018.gif

 

私達の体の表面で毛が生えていないところは、唇、手のひら足の裏・・なかなか思いつかないものですね。

私達の体は全身に生えているといってもおかしくないくらいにだと思いますその本数は数十万本とも言われています。

このような無数の毛は、ただ意味もなく生えているわけではなく、体の表面を保護するという、大切な役割をしています。

たとえば頭は大切な頭を保護しています。

眉毛は目に汗が入るのを防ぎ、まつげはごみが入るのを防ぎます

邪魔といわれる脇の毛は、摩擦のために皮膚が損傷するのを防いでいます

Vラインも同じです。腕や足も・・確かに役割はあると思います。しかしこの無駄毛のおかげで苦労をしている人は少なくありません。

無駄毛というのは自分ではどうしようもないことですが、毛のメカニズムなどを知っておくのもいいと思います。

良かったら参考にしてみてください

 

 

 

◆ 肌断面図 ◆
肌断面図.jpg

 

datumou.jpg

 

 

 

【脱毛コースのご予約は・・・】
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
お名前

(例:石川ゆき子)
お名前(フリガナ)

(例:イシカワユキコ)
自宅TEL

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
携帯TEL

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。
第1希望の月日時間

(月 日 時)
第2希望の月日時間

(月 日 時)
箇所はどちらですか?

(選択ください)
備考
※2500 文字以内でお願いします

(ご要望・お問い合わせなど)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

毛についてのお話は・・・

脱毛Q&A

良くある質問とその回答
アトピー性皮膚炎の何ですが、処理するところには症状がが出ていませんが、処理することはできますか・・・?
薬を使用されている場合は、病院の先生に確認していただいてからにいたします。
また、何回か体験してから様子を見て施術いたします。
ほくろ・シミ・アザがある場合はその上から脱毛処理ができますか・・?
真っ黒いほくろはできません(光が黒いところに集中してしてしまい熱を厚く感じ、痛みが強く感じられます)。
シミにつきましては、問題なく行えます。
アザについては、アザが鉄分が溜まっているためにできません。(ケロイドや手術後は可能ですが、何回かテストした上で行います)
行った後に赤みが出ましたが・・・?
冷水ですぐに冷やしてください。時間がたちますと消えます
イボは、施術ができますか・・・?
イボには、メラニン色素がないので、施術はできます
皮膚の中に毛が残った場合はどのようになりますか・・・?
時間はかかりますが、老化して体内に吸収され排泄されますから安心です。
ピルやホルモン剤を服用してますが、施術はできますか・・・?
脱毛効果が出にくい場合があります
体臭・ワキガ・鳥肌・シミ・色素沈着は、なくなりますか・・・?
体臭は消えませんが、汗の残りも少なくなってくるので、ワキガの臭いも少なくなります。鳥肌は、毛がだんだん細くなってくるにつれ。、毛穴もしまってきますから目立たなくなってきます。
うもれ毛はどうなりますか・・・?
照射した際、多少は熱を感じやすくなりますが、脱毛できます。
時間はかかりますが、体内に吸収され、尿として排泄されます。
どの位の時間をあけて通えばいいでしょうか・・・?
だいたい1ヶ月から2ヶ月の間隔です。(脱毛を行った場所と個人差があります)ちょっとでも生えてきたら、2週間後でも脱毛はOKですが、その分脱毛の回数が増加します。

施術ができない方・できない場所

【施術のできない方】
▲ 妊娠中の方
(ホルモンバランスが乱れるため、出産後3ヶ月以降の脱毛が最も好ましい)
▲ 心臓病の方
▲ ペースメーカーを使用されている方
(光線は電磁波の一種ですからペースメーカーの種類の種類によっては心拍数のリズムを乱す恐れがありますので、主治医の許可が必要です)
▲ 婦人科系疾患の方
(婦人科系の症状は、ホルモンのバランスの関係で多毛症になってしまう傾向があります)
▲ 糖尿病の方
(免疫力が低いため、治療後の発赤が進行する恐れがあります)
▲ アトピー性皮膚炎の症状のある方
▲ 慢性疾患の方
▲ ケロイドの方
▲ 法廷伝染病の方
▲ 日焼け直後の方(夏場・冬場)日焼け(スポーツ等)をして皮膚表面に熱を持っている方、極度の日焼けの方
▲ 皮膚ガン、皮膚炎(湿疹)の方
▲ 光線過敏症(ポリフェリン症)の方
▲ 血圧が200以上の方
▲ 極度の色素沈着をしている方
【施術ができない箇所】
● 刺青  ● アザ  ● 真黒いほくろ
● 目の周り  ● 乳輪