脱毛コース(内容と価格)

揺れるハート 脱毛・フォト美顔の部屋
脱毛フォト.jpg
【日本製の安心マシーンで施術します】
datuw1.jpg
datuw2.jpg
datuw3.jpg

 

pro35-logo.gif

datut.jpg

 

 

【脱毛の手順】
datu1.jpg
datu2.jpg
★ジェルは、常に新しいジェルをします。
datu3.jpg
datu4.jpg
  
サロンで脱毛行う場合の『より安心・安全のために
このたび、メーカー様からのご指導のもとに
『お客様への安全』『エステティシャンの安全』
のために、【目を守るためにゴーグルを使用いたします

これにより、皆様により安心・安全に施術できることと思います。
脱毛室に準備しております。
施術前にご使用のご協力よろしくお願いいたします。

 

*** サロンで使用しております脱毛機 ***

 

【減毛・除毛を目的とした美容トリートメント】

医療用レーザーの光線に比べて、数段波長の長いフラッシュプラズマ光線を使用しております潟Xカンジナビアのマシーンです。毛根周辺は、まわりの皮膚組織よりメラニン色素が多いため、光の吸収力がより高くなります。

また、レーザー光線が一直線の光であるのに対し、フラッシュプラズマ光線は光が拡散するので、深く幅広く、脱毛範囲を捕らえることが可能です。

 日本人のように、肌が黄色系で黒い毛(メラニン色素が多い)には最適な脱毛法といえます。

 

*** 1照射とは・・・ ***

 

これは、一回脱毛するために光を当てるのですが、その場合に1回あたりの面積は大体1cmX3.5cmだそうです。そのため必要とする照射数は、個人差が出てきます。

下記の照射数は、あくまでも目安としてください。

但し、もし購入してしまい残った照射数は、別の場所でも使用可能になります。

もし、気になる部分が多い方などは多めに申し込みいただいたほうが割安になるということになります。

但し、一定期間をあけて行わないといけませんのでご理解ください。これは、毛周期との関係もあります。

 

施術にご来店されるへ・・・

施術にご来店される前(3〜4日前)に、シェーバーまたはかみそりにて処理をしてからご来店ください。


●ご来店後の手続き
 お客様へご説明とカウンセリングをさせていただきます。
 お客様の肌の状態などをお調べしてから行います。


●施術後は、下記のことを行わないでください
 例として
 スポーツ・マッサージ・海水浴・温泉・サウナ・などからだを内外から温 める行為や摩擦する行為は避けてください

datumoukakaku.jpg

上記の金額は、すべて税別で表示しております

こちらの表は、今までご来店いただき施術されたお客様の平均数を掲載しております。あくまでも、目安としてお考えください。施術の回数を重ねてゆきますと照射数も減少いたしますので、詳しくお問い合わせください。

また、施術時間ですが、両脇でしたら10分程度で終了いたします。 

 

 上記の例は、ほんの一例です
ほかにもさまざまなコースをご用意しております“背中”“お腹”“Vライン”“ひじ上”“ひざ上”“ゆび”などなど,お客様の気になるところをできる限りすべて対応します

 

 詳しくは、お電話・メールでお問い合わせください 
お電話は、フリーダイヤルで
 0120-32-3788
(携帯電話からも無料です)
◆10,000照射以上ご契約していただいた場合には、
1照射あたり@30円にて割引いたします。その場合は、お客様の気なる部分を優先して行ないますので、かなりの場所を行なうことが可能です


a_line018.gif

【一時脱毛の影響】

 

『シェービング』
毛の成長には影響はありませんが、皮膚トラブル(かみそり負け)が起こりやすい。また、剃られたことにより毛全体の太さが同じになるため、太く粗く見えてきます。電気分解を行なう場合、熱に対して非常に敏感になる人が多くなります。
『ピンセット脱毛』
一番問題となる脱毛法です。抜くことにより血球の供給を増加させ、以前より太く粗く根強い毛を早く生えさせ、毛穴自体もも少しずつたくましくなります。また、毛周期も異常に早くなります。毛が抜けた場所の空洞部にブドウ菌が侵入し、炎症を起こす危険性もあります。
『脱毛クリーム』
脱毛クリームに含まれるアルカリの化学作用によって、毛のタンパク質構造のケラチン結合を切り離してしまう方法です。皮膚表面に現れている部分にしか作用せず、すぐにまた怪我伸びてきます。
『脱毛ワックス』
使用後、場所によってはこれまでにみられなかったうぶ毛が見られることがあります。皮膚に強い刺激が与えられるため、毛穴を角質層がふさいでしまうこともあります。
『ブリーチ法』
細かい毛には作用しても、剛毛にはなかなか作用しません。また、脱色を続けることにより毛足が長くなります。
a_line018.gif

 

私達の体の表面で毛が生えていないところは、唇、手のひら足の裏・・なかなか思いつかないものですね。

私達の体は全身に生えているといってもおかしくないくらいにだと思いますその本数は数十万本とも言われています。

このような無数の毛は、ただ意味もなく生えているわけではなく、体の表面を保護するという、大切な役割をしています。

たとえば頭は大切な頭を保護しています。

眉毛は目に汗が入るのを防ぎ、まつげはごみが入るのを防ぎます

邪魔といわれる脇の毛は、摩擦のために皮膚が損傷するのを防いでいます

Vラインも同じです。腕や足も・・確かに役割はあると思います。しかしこの無駄毛のおかげで苦労をしている人は少なくありません。

無駄毛というのは自分ではどうしようもないことですが、毛のメカニズムなどを知っておくのもいいと思います。

良かったら参考にしてみてください



◆ 肌断面図 ◆
肌断面図.jpg

 

datumou.jpg
【脱毛コースのご予約は・・・】
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
お名前

(例:石川ゆき子)
お名前(フリガナ)

(例:イシカワユキコ)
自宅TEL

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
携帯TEL

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。
第1希望の月日時間

(月 日 時)
第2希望の月日時間

(月 日 時)
箇所はどちらですか?

(選択ください)
備考
※2500 文字以内でお願いします

(ご要望・お問い合わせなど)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

 【毛の成長する仕組み】

毛は、ただ伸び続けるだけでなく、一定の期間を過ぎると自然に抜けていく。そしてしばらくすると、再び新しい毛が生まれる。これが毛の成長周期である。

ただ、私達の体の表面に現在出ている毛は、全体の30%、後の70%は皮膚の中で活動しているか、休止期の状態になっている。だから、皮膚の表面に出ている毛が全てではない。
毛を作る源は毛母。

毛乳頭が毛細血管を通じて、毛の根元に一列に並ぶ毛母の細胞に栄養を与え、毛の細胞を次々に作り出している。皮脂腺もまた、毛の成長に関わり合いがある。

【毛の成長周期】

毛は絶えず成長を続けるものではなく、一定の期間成長を続けると、次に成長を停止し、やがて脱毛して、一定期間その状態に留まり、再びそこに新しい毛を生じるということを繰り返している。

つまり一本一本の毛包は、遅かれ早かれ休止期に入り、この時期の終わりに新しい毛が生え始めると同時に、毛の抜け変わりが起る。

これを毛周期(ヘアーサイクル)といい、毛包の再生と毛の活発に成長している期間を成長期といい、自然に脱毛されている期間を退行期、脱毛して毛乳頭が活動を休止している期間を休止期という。

【成長期 先の黒いもの 期間は3ヶ月から数年】
従来の1/2の深さまで縮んでいた毛包らが毛乳頭に向かって下降し始めた時から始まります。最も活動的な時間毛乳頭からの栄養で毛は育ち毛包も一定の長さになるまで育つ、一定の時期に来ると栄養供給を止める。この時までが成長期毛。毛包に十分な水分を含む。

【退行期 先が少しぼそぼそしている 期間は約2から週間】

成長期が終わるとこのステージに入る。毛は毛乳頭から栄養供給をストップ。

毛根と毛乳頭は離れる。

毛包は縮んで行き、毛を上へと押し上げる。インナールートシースも同様に縮んでしまう。

毛包壁の栄養をとる。

毛包壁は少しずつ縮小。水分の減少を引き起こす

【休止期 先が白い 期間は60日から150日】

毛包は皮脂腺の辺りまで上がる。自然脱毛する。一定期間毛乳頭は活動を休止する。

毛、毛包に水分は最も少ない。毛によって違う


【毛のサイクル】

休止期…毛乳頭が毛包の外に取り残されて、毛の細胞を作ることが止まっている。


成長期…毛包が真皮の奥深くに入り込み長く伸びていて、毛は毛乳頭の血管から供給される。栄養でどんどん上に伸びていく。


退行期…毛根、毛母と毛乳頭の結びつきが弛み毛包全体が起毛筋に引っ張られて縮こまっている状態。


成長期の長さは頭毛が2〜6年、まつげで100〜150日と、長毛ほど周期が長い。休止期の毛は、新しい毛の成長を待たずに抜けることも多い。毛周期は個人差が著しい。

春は毛が伸びやすい(出やすい)。冬は毛は冬眠しやすい

【毛そのものは3層から出来ている(毛の構造)】

毛髄質…毛の中心に位置してスポンジ状になっている


毛皮質…毛の大部分を占めるもので細長い細胞が縦に平行している。このため縦に裂けやすい。(枝毛など)


毛小皮…毛の表面のごく薄い層(5ミクロンくらい)。うろこのような形状で毛の根元から毛先へ向かって一列に重なり合っている。このため根元から毛先の方向になでるとなめらかな感じだが、逆方向だと引っかかりを感じる。逆毛をすると毛の小皮がはがれたり傷ついたりするので髪の毛が痛む。(キューティクル)

【毛の断面】

毛は中心を囲んで3つの層から出来ている。一番中心にあるのが毛髄質といい、立方形の細胞が1から2列に並んでいる。

毛髄質を囲んで毛皮質がある。毛の主な部分を成している。

毛皮質には、少量の気泡とメラニン色素が含まれていて、日本人はこのメラニン量が多いために黒毛である。

又、気泡は、白髪になると毛髄質にも多く含まれる。

毛小皮は、毛の一番表面にある部分で、うろこのように角化した、透明な核のない細胞が、毛の根元から先端に向かって、一列に重なり合って並んでいる。

【毛の形】
まっすぐな毛(日本人92% 中国人)−直毛
ウェーブのかかった毛(欧米人27%)−波状毛
ちぢれた毛(黒人5.7%)−縮毛
毛の形→毛穴(毛包)の形の違い

『毛の種類』

皮膚は手掌、足の底、口唇及び陰部の一部を除いて、毛が生えている。人体には、約130万〜140万本の毛が生えていて、このうち人体表面は約90万本といわれ、頭毛は8〜10万本で、頭毛と顔を合わせると、約40万本とされています。

しかし現実には、全てが表面に出ているのではなく、人間の目で見えるのは、この30%〜50%位である。

毛には、頭髪、眉毛、まつげのように黒くて固い硬毛と、やわらかい軟毛(生毛ともいわれている)の2つに区別されている。


ところが、小児期には生毛であったものが、思春期になって硬毛に変わってくるものがある。

腋毛、陰毛、男性に目立つ手足の毛、胸毛、顔のひげなどがそれである。

これは思春期になると分泌が多くなってくる男性ホルモンに刺激されて、このような硬毛化してくるのである。これを「性毛」とも言う。


又、不要なところには毛が多く、あるべきところに毛が少なくなる現象は、肝臓のすぐ上にある副腎が活動しすぎて、助成に必要以上の男性ホルモン(アンドロゲン)を多く分泌する時、よりはっきりと現れる。毛には長いものと短いものとあって、それぞれ長毛、短毛と呼ばれている。

長毛には、頭髪、ひげ、腋毛、陰毛、手足の毛、胸毛などの硬毛をいい、短毛には、眉毛、まつげ類を言う。

長毛でも、その発生部位で長さが違っていて、頭髪が最も長い。それも女性のほうが男性よりも長く、個人によっても差がある。

 

『毛の形とその変化 』

誕生直後では、頭毛、眉毛、及びまつげのみが、終毛の状態で生えているが、その他の身体を覆う毛は軟毛で、思春期以降になって一定部位の毛は、軟毛から終毛に変化する。

軟毛から終毛に変化する状態は、民俗的に特徴があり、又、遺伝因子にも影響を受ける。

【多毛の原因】

3大原因

1)民族的…ラテン系、ユダヤ系及びインド系民族に多毛がみられる。しかし、彼等と比べエスキモー、アメリカンインディアン、日本人、中国及び東南アジア系民族は毛が少ない人種とされている

2)遺伝

3)薬…ほとんどの場合が病院治療中及び治療後に副作用の為多毛になる

その他の原因
・生理不順(男性ホルモン、女性ホルモンのアンバランス)
・出産後
・閉経後(ホルモンのアンバランス)
・婦人科系疾患(子宮・卵巣)
・脱毛(電気)はだめ、ワックス
・拒食症
・毛抜き、ワックスの不正確処理
・手術の傷跡(はさみで切子程度にしておく)
・太陽光線による異状照射
・精神的ストレス ・副腎の障害のある人
・生理停止期間

 

『毛とホルモン 』

更年期になって口ひげや四肢(手足)の毛の硬化が目立ってくるが、これは女性ホルモンが減ってくるのに対し、男性ホルモンの分泌は少なく、男性ホルモンと女性ホルモンの比が大きくなるためである。

○ホルモンに影響されないもの
まつげ、眉毛の内側2/3

○副腎皮質のアンドロゲンで刺激されるもの
口ひげ、胸毛、四肢の硬毛

○眉毛の外側3/1は、甲状腺ホルモンに関係している。
甲状腺の働きが悪いと、外側1/3が薄くなってくる。

又、眉毛の場合は、眉墨にも原因がある。

【脇臭症(わきが)】

ただアポクリン腺から出る汗は人間の場合は普通はほとんど無臭です。でも実際には汗が出た後少し立つと、体が匂ってくるのはなぜでしょう。


簡単に説明すると、まず皮膚の表面に汗が出てくると、皮脂とまじりあって、皮脂膜を作ります。皮脂膜は弱酸性で、細菌や真菌(カビ)を抑える働きがあるのですが、汗が多くなると皮脂膜の酸性度が低下し、その結果細菌や真菌が汗や皮脂、それに皮膚についた汚れを分解する時に発生するものです。


この仕組みは、エクリル腺から出る汗の場合も全く同じです。ただ、アポクリン腺からの汗は、エクリン腺からの汗とは成分が違うので人によっては単に汗臭いだけでなく、つんと鼻をつくような刺激臭になることがあります。これがいわゆるわきがです。


この為、いつも皮膚を清潔にし、出た汗を早く乾かすようパウダーを使うなど、まめに手当てをしていれば匂いは気にならなくなるでしょう。

又、汚れや、細菌などの付着しやすい脇毛脱毛を行えばより効果は上がるでしょう。しかしながら、まれにアポクリン腺からの汗そのものが悪臭を放つ場合があります。

その時は手術でアポクリン腺を排除するしかありません。