試してみる価値有り・・・痩せる体操

日本経済新聞2007.07.07『HEALTH AND BEAUTY』より抜粋
1day15.gif
 
【運動中・・・飲料選びはこまめに】
終了後「ビール!」の前に水
運動別の水分補給の目安
運動の種類発汗量補給のタイミング種類
日常生活の動き 少ない のどの渇きを感じたとき 1日当り1.5-2g 水道水やお茶
炎天下をスーツで歩く やや多い 外出前と外から戻った後 それぞれ約0.5gずつ 水もしくは糖分の少ないスポーツ飲料
1時間程度のウオーキング やや多い 歩き出す前と歩行中、終了後 前後はそれぞれ0.3gずつ、歩行中は0.5gくらい 水道水、ミネラルウオーターやお茶など
1時間程度のジョギング 多い 運動する前と運動中、終了後 前後はそれぞれ0.3g、運動中はこまめに 糖分の少ないスポーツ飲料
フットサル、テニスなど 多い 運動する前と運動中、終了後 前後はそれぞれ0.3g、運動中はこまめに 二アウオーターやスポーツ飲料など
水泳 多い 開始前、運動中30分ごと、終了後 それぞれ約0.3g スポーツ飲料が望ましい
ゴルフの1ラウンド 多い 前日、開始前と終了後、運動中は1ホールごと 活動の前後にそれぞれ0.3g程度。プレー中もこまめに スポーツ飲料が望ましい
京都女子大学の中井誠一教授や早稲田大学の樋口満教授の意見を基に作成
【ビールやアルコール類】
水分補給にはならず、逆に、体内から水分の排出を促す作用を持つ。激しい活動で脱水状態に近くなっているときに大量のビールをのむと、さらに身体の中の水分やナトリウムのバランスを崩してしまう。
【塩分補給をわすれずに】
「水分補給しながら運動しても体の中の塩分や水分が総量として不足しているのを忘れないこと」
中井先生のアドバイス○終了後にどうしてもアルコール類をおみたいなら・・・
 最低でも500ml程度、できればナトリウムを含んだ飲料をとって体内の水分や塩分を戻してからのほうがよい。
樋口教授のお話
○1時間以上続くような激しい運動の場合は・・・
水やお茶よりも、5−15度に冷やした、ナトリウムを含む飲料のほうがよい
【スポーツ飲料】
体内から失われた塩分を補給する機能もある。塩分濃度は0.1−0.2程度。最も水分吸収しやすいレベルでもある。ナトリウムの量にすると40−80rになる。
市販のスポーツ飲料の場合、ナトリウムの濃度は様々なので、成分表示を確認。塩分濃度が気になる高血圧の人は、栄養素や果汁などを加えた0.1%程度のリアウオーターを選ぶのもよい。
体温が上がると、体を冷やそうと皮膚表面から水が蒸発、乾燥の原因になる。
1day10.gif 1day10.gif
私が、月に1回ほど通っています整体院さんから教えていただいた
身体均整法“やせる体操”
をお教えします。
身体均整法という内容でしたが、1日わずかな時間でOKです。
気になる方は、お金はかかりませんからされてみてはいかがでしょうか?
やせる体操.jpg
試してみる価値ありと思います

日本経済新聞の記事より「セルライト」ができたら・・・

日本経済新聞5/12『くらし知っ得』より
リアルシンプルジャパン編集部の記事からの抜粋
「セルライト」ができたら・・・?】
入浴後にもみほぐし
お尻・太ももの肌の表面がでこぼこしていて、たるみが気になるようなら「セルライト」が原因の可能性が高い。
衣理クリニック表参道院長 片桐 衣理さんのお話
セルライトは・・・
皮下組織の血行が悪くなった結果、脂肪細胞が老廃物をため込んで大きく成長したもの。触れると他の場所より冷たいのが特徴。
1度できてしまうと、ダイエットなどで減らすことは難しく頑固に存在し続ける。
●対策は・・・
体質などもありセルライトの完全な解消は難しいですが、
『血流を改善する』ことで軽減可能。
●方法は・・・
○入浴はシャワーで済ませず、湯船につかり、出たア後にマッサージをする。
◆ひざから太ももの付け根の部分(そけい部)に向け下から上へ、軽くねじるようにもみほぐす。
 身近にあるすりこぎなどを使い、下から上に引き上げるようにマッサージする方法も・・・。
 さするだけでも多少の効果がありますから、5分間くらい毎日継続することがおすすめ。さらに、その際に血流を上げたり、からだを温めたりする効果があるボディ用のクリームを塗るのもいいでしょう!
■基礎代謝が低下している人・・・
太りやすいだけでなく、セルライトもできやすい。
日ごろからスポーツや適度な運動を行って、筋肉量をへらさないことも大切です。
★食事は・・・
ビタミンA、B群、Eをとるように気をつけましょう。ゴマ、レバー、玄米、緑黄色野菜などを積極的に食べると効果的だそうですよ。
そのほかに気をつけることは、ストレス、睡眠不足などによっても血行不良が起きますから、生活習慣にも気を配ることだそうです。
このような方には・・・
【スリミングマシーンをお試しください・・・】

あなたは「痩せすぎ?」「太りすぎ?」「標準?」

肥満度測定法

★ 肥満の定義・・・体重ではなく体脂肪が問題
    
肥満とは体脂肪が多くなりすぎた状態をいいます

体脂肪(特に内臓脂肪)が多くなりすぎると、糖尿病、高血圧・動脈硬化・心筋梗塞、脳卒中、性ホルモン異常、等の病気にかかりやすいので、体脂肪が多い状態(=肥満)が問題となるのです

★肥満の測定法

日本肥満学会では、肥満を測定する尺度として、BMI(ボディ・マス・インデクス)という指標を用いています。

BMI=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}

BMIの標準値は、男女とも、BMI=22とされています。(正確には男性22.2、女性は21.9です)これは、厚生労働省の調査で、統計上、最も病気にかかりにくい数値とされています。

BMIが22(標準)から±10%までを「普通」とし、+10%超を「肥満」として判定します

ですから、BMI=22として、これに身長の2乗を掛けると、もっとも病気にかかりにくい「標準体重」が求められます。

標準体重=身長(m)×身長(m)X22

肥満判定に関する日本肥満学会の基準は・・・下記の通りです

BMI 肥満度 判   定
17.6未満 -20%未満 痩せすぎ
17.6〜19.8 -20%〜-10% 痩せ
19.8〜24.2 -10%〜+10% 普通
24.2〜26.4 +10%〜+20% やや肥満
26.4〜28.6 +20%〜+30% 肥満
28.6以上 +30%以上 重度の肥満

尚、BMIが17を下回ると、女性ホルモンの分泌が激減するため、将来的に骨粗鬆症につながるおそれがあるといわれます。

★ 体脂肪の判定は・・・

区分 男性 女性
標準値 15〜20% 20〜25%
軽度肥満 20%超 25%超
中等度肥満 25%超 30%超
重度肥満 30%超 35%超
『太る仕組み』
肥満は、摂取エネルギーが消費エネルギーより大きいときに、余ったエネルギーが脂肪として身体に蓄えられて起こります。別な言い方をすると、消費エネルギーが摂取エネルギーより少ない場合に起こる。
この収支エネルギーのアンバランスが起こるパターンは・・・
@ 過食
食べすぎです。特に「甘いもの」と「油っこいもの」は控えたほうがよいでしょう。
炭水化物と脂肪はとかく悪者扱いされていますが、両者とも適量は必要です。極端の抑制は健康上好ましくないのです。
A 摂食パタンの異常
「朝食抜き」・「まとめ食い」・「夜たくさん食べる」など、食事のとり方に問題。

●朝食ぬき
 食事の回数が減ると、餓えに対する自衛作用が働いて体脂肪が含成されやすくなります。
 3食規則正しく食べるほうが太らないのです。

●夜たくさん食べる
 昼間食べた分は消費に回されますが、夜食べた分は基本的に身体に蓄積されてしまいます。
 朝・昼をおおめにして、夕食は軽くしたほうがよいでしょう。
B 運動不足
運動量が少ないと、エネルギー消費が減るだけでなく、エネルギーを体内に蓄えやすい状態になります。
C 熱産生不足
  蓄えた脂肪を燃やす仕組みのどこかに問題があって、熱産生がうまくおこなわれない状態。
  体脂肪がエネルギー源として使われにくくなります。

肥満は、こうした要因で様々に組み合わさっておこりますが、なかでも
「食事の問題」と「運動不足」が重要な要因です。