紫外線を防ぐ色は・・・白or黒?

日本経済新聞5/19掲載「生活物語」より抜粋しました
  
掲載されている内容は、紫外線を防ぐ色は・・・白?黒?ということで掲載されておりました。最近の日傘の色は「黒」が売れ筋ということですが実際はどうなんでしょう?洋傘メーカーの話ですと
 ◆紫外線のB波について、UVカット加工していない綿製の紫外線透過率は・・・?

透過率

19.37%

ピンク

9.6%

4.77%

1.67%

ということで、黒が通しにくい。
◆紫外線吸収剤などで加工した同じ生地の日傘の場合
○ 白・・・0.61%
○ 黒・・・0.05%
と差がちじまり、「UV加工していない黒」より「UV加工している白」のほうが防止効果が高い。
『綿よりポリアステルのほうが紫外線透過率が低い、素材やその厚さにも違いがある』
国立環境研究所の小野雅司さんのお話
『上から防ぐことだけを考えても万全な対策にはならない』
○紫外線B波の約半分は太陽から直接体に達するが、残りの半分は「空気中に散乱しているものを浴びている」 ★日傘だけでなく、日焼け止めクリームを塗ったり、サングラスをかけたりしないと防ぎきれない。
ということです。
『サングラスの色にも誤解?』
日本失明予防協会・広報委員会さんのお話「色の濃いサングラスをかけると目の回りが暗くなり、ものを良く見ようとして瞳孔が開く。すると、かえって多くの紫外線を目に取り込んでします」紫外線を目に浴び続けると、白内障などの慢性障害につながる恐れがあり「UVカットが不十分な濃い色のレンズは避けたほうがいい」といいます。
春から秋にかけて、朝・夕に目に入る紫外線量は日中の約2倍になる
金沢医科大とジョンソン・エンド・ジョンソンの共同研究の結果
◆歩行時の標準的な視線角度(水平より下方15度)の紫外線の強度
『冬以外の太陽の角度では、視線との関係で日中より朝・夕のほうが約2倍の紫外線を浴びる危険性がある。』

★おすすめのUVカットミルクは・・・

天然ゲル化粧品で、肌に優しい・自然にやさしいベルマン化粧品の

 

1803r468.jpg