ゲル状化粧品の秘密

21世紀はゲルの時代・・・
ゲル化粧品の秘密 下平正文医学博士慣習の冊子よりの抜粋

ゲルの由来

生命が母なる太古の海『原始のスープ状の海』でコアセルベート(液滴)というコロイド状の集合体から誕生し、生物の細胞が『ゲル』状構造体に発達を遂げたという、生命誕生35億年の歴史的なミラクルに起因するものです。
『ゲル』こそ細胞に粘性や弾性、溶解性、浸透性、イオンの配分など、あらゆる生理機能を与えながら、その深奥に生命の神秘を宿すことができる、基本的生命物質となっています。
ゲル化粧品は、地球環境を汚辱するような成分に依存しません。

『海のゲル』・『山のゲル』・『植物のゲル』・『動物のゲル』という、地球環境保全のための理想的な生命進化の永遠の理念とが、渾然一体となって創られたのがゲル化粧品の本質です。

ゲル化粧品でお肌革命

ヌルヌルのゲルが肌を救う

ゲルとは・・・植物や海藻などに含まれる粘質、つまりヌルヌルしたものの総称です。

化粧品の原料としてよく用いられるのは、中東諸国を主な産地とするマルメロという梨に似た果実の種子です。また、アイルランド特産のカラギーナという海藻(苔の一種)、さらにコンブのヌルヌルの成分であるアルゲコロイドやみかんの皮からとるペクチンも、ゲル素材として多く利用されている。天然ゲルは・・・合成物に比べて刺激が少なく、肌にマイルドに作用します。「潤いがあり、なめらかで、張りがあって、弾力に富み、血色のいい」肌は全世界の女性のあこがれですが、これがゲル化粧品の登場によって実現可能となり、ノンオイルでも肌に潤いを与えることができるようになりました。

年齢による女性の肌の変化

 

年齢 

 肌特性

 肌の状態

 乳幼児期

 0

脂肪分泌がほとんどない。

皮膚が薄い

刺激に弱い

 思春期

 10

性ホルモンの分泌が始まる。

表皮の成長

乾燥肌(ハタケ)

脂性肌(ニキビ)

 青春期

 20

 肌のピーク

らかで弾力がある

 青年期

30

ゆっくりとした速度で廊下が始まる

乾燥気味になる

小じわが出始める

 壮年期

 40

肌のピークを超えたと実感

シミ乾燥デリケートになる

肌が一番デリケートな年代

 更年期

50 

ホルモンの変動(閉経)

皮脂分泌が衰える

乾燥による小じわが増える

防御機能が衰える

シミが増える

赤いブツブツができやすい

 思秋期

60 

 一時的に肌が美しくなる

ホルモン性のシミがきえる

色白の肌になる 

 高齢期

60

以上 

 ホルモン分泌が安定

肌がさらに乾燥

肌が薄くなる

肌の弾力性が低下

皮下出血によるシミ

日光によるただれ

肌はリン脂質減少に

より乾燥する

 

ノンオイル、ノン乳化剤だから肌に優しい
 

『ゲル』には、“潤い肌”をつくるために欠かせない、保湿性を高める成分が含まれています。

このため、油脂分を使わなくても、十代のころのようなツヤやかな肌をつくることができるし、

油脂を使わないので、当然、界面活性剤のような乳化剤も必要ありません。
ゲルの通気性は100%近いので、皮膚呼吸が妨げられることもありません。

実験:金魚鉢の中にゲル化粧品をいれたらどうなるか・・・?

●結果
金魚はイキイキとして泳ぎ回っていました
◆ゲルのかわりに、鉱物油、動植物油成分でつくられた化粧品をいれたら・・・?
●結果
金魚はダウン
金魚が泳げる化粧品・・・ゲル化粧品は肌にやさしい、地球に優しい、理想的な化粧品といえる。

ゲルは天然素材でつくられる

荒れ肌、乾燥肌を撃退する海のゲル
海水には、生命を育む様々な成分が含まれていますが、その海水のエッセンスをバランスよく含んでいるのが、日本人の食生活に特に縁の深い海藻です。
●海藻の優れた特性は・・・

@海藻は、人間の体に非常に近い理想の状態で、ミネラルを含んでいます。

このミネラルは生命活動をスムーズにする栄養素であり、体内代謝を正常にする重要な役割をします。


A海藻には、12種類のビタミンが含まれています。

このうちビタミンEは皮膚からも浸透し、過酸化脂質による細胞の老化を防ぐ働きをします。

また、皮膚に酸素を送って血行を促進し、新陳代謝を促す作用もあります。


B海藻は天然乳化剤の役割をします。合成界面活性剤とはまったく異質な粘性物質です。
ゲル化粧品に含まれる海藻は、紅藻、褐藻、緑藻の3種類から抽出したものです。

またアミノ酸、ミネラル、核酸なども特に豊富で、肌のこじわ、たるみ、さらに荒れ肌、乾燥肌の改善に最適です。

肌を若返らせる植物のゲル
植物のゲルとしては、アロエ、甘草、紫紺、アラントインをはじめとして、5種類の植物複合エキス(ホップ、スギナ、マツ、レモン、マンネンロウ)、6種類の植物複合エキス(オランダガラシ、ゴボウ、サルビア、レモン、サボンソウ、キヅタ)などが使用されます。
◆アロエ
粘液性の抽出液は、皮膚細胞組織の再生促進作用があり、年齢とともに減少する水分を補ってリフレッシュする効果があります。
◆甘草
抽出エキスは、グリチルリチン酸ジカリウムと呼ばれています。急性、慢性の皮膚炎に対しての鎮静作用、抗炎症作用があります。
◆紫紺
抽出液は解熱剤や解毒剤にも用いられる貴重な生薬です。抗菌性、抗炎症作用にすぐれ、にきび、すり傷、やけど、水泡、湿疹に効きます
◆アラントイン
この多年生植物の根茎から抽出されるエキスは創傷や湿疹などの皮膚疾患に有効で、皮膚組織の再生作用、抗アレルギー作用があります。
◆五種類植物複合エキス
皮膚のしわを防いで柔軟性を与えるばかりでなく、新陳代謝を促進し、若々しい肌を保つように働きます。
◆六種類植物複合エキス
皮脂の分泌を調節し、なめらかで潤いのある皮膚に整える作用があります。かゆみ止めなどにも使われ、刺激に対して穏やかな保護作用があると言われています。
弾力をつくる動物のゲル
動物のゲルには、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸、クロロフィリンなどがあります。
◆コラーゲン
動物の皮膚、角膜、腱、血管などの結合組織を構成する、生体中のタンパク質の一種。幼牛の新鮮な皮膚組織から抽出されます。皮膚の弾力性を回復する効果があり、こじわの防止を減少、真皮の保湿を補う働きがあります。
◆プラセンター
健康な妊娠三ヶ月前後の牛の胎盤から抽出するエキスです。皮膚機能を高進させ、皮膚細胞の賦活作用があります。このため、皮膚の弾力性を増し、汗腺、皮脂腺の機能のバランスを整えることができます。また、メラニン生成の抑制作用もあります。
◆ヒアルロン酸
バイオテクノロジーの発達で抽出が可能になった夢の素材です。ヒアルロン酸は組織と組織を結ぶ粘性の性質をもち、組織の保湿作用にすぐれています。皮膚にもこのヒアルロン酸が含まれていますが、この働きが不十分だと水分が失われ、繊維細胞が固くなり、弾力を失って、しわやたるみの原因になります。
◆クロロフィリン
蛋糞の抽出エキスを水溶性にした成分で、デオドラント効果があります。皮膚のトラブルの治療にも用いられています。
山のゲルは殺菌力が強い
粘土や麦飯石とよばれる鉱物を利用します。粘土から抽出したスメクトルタイトは脱色(色白)効果があり、麦飯石は古来から漢方薬石として珍重されてきました。
◆麦飯石
昭和20年代に岐阜県白川郷の山中で発見されて以来、健康と美容に役だつ天然ミネラルとして幅広く活用されています。麦飯石の構造は多孔質で、吸着力、イオン活性、殺菌性などに素晴らしい効果が発揮することで知られています。また、水分中、空気中、物体中に絶えず酸素を送り、腐敗作用もあります。
gerunokouka.jpg
ゲルのSOD様作用で肌がよみがえる
SODって・・・?

スーパー・オキサイド・ディスムターゼの略称。悪名高い活性酸素を取り除く酵素のこと。
動物も植物も海藻も、すべて体内でSODをつくり、活性酸素の害から自分の身を守っています。しかし、活性酸素があまりにも多く発生するとSODの生産が間に合わなくなり、これが原因で成人病、あるいは肌のくすみ、色黒、しみ、そばかすを起こしてしまいます。

●40代になって肌の衰えを実感するのは・・・

SODをつくる力がこの年齢を境に減退するからです。肌にかゆみが出たり、粉がふいたようになるのは、ほとんどがSODの不足によるもの。

★注目される、SODの周辺物質類とよばれるもの。

SODと同じような働きをして、SODより分子量が小さく、体内に吸収されやすいため、SOD様作用低分子物質類とも呼ばれる。 『ゲル化粧品』の主成分は『海のゲル』・『植物のゲル』・『動物のゲル』・『山のゲル』ですが、その中に自然に存在するSOD様物質が多量に含まれているため、過剰な活性酸素を除去し、皮膚のトラブルを解決するばかりでなく、過酸化体質を改善するという思わぬ副産物さへもたらします。
動物ゲルに含まれるコラーゲンが肌の張りを保つ
 
真皮にはコラーゲンと呼ばれる膠原繊維と、エラスチンという弾力繊維があり、この2つの働きが肌の張りと弾力に大きく関っています。『コラーゲン』も『エラスチン』も、もともと動物のゲルの中に多く含まれています。もちろん、他のゲルともよくなじみます。
コラーゲンはニカワ状のタンパク質で、いわばクッションの役割をします。エラスチンはこのコラーゲンにつたのように絡みついて、コラーゲンの皮膚の支えを手伝っています。
モイスチャー美容が素肌美をつくる
 

年をとるとコラーゲン、エラスチン、そしてヒアルロン酸が減少します。この3つは皮膚に水分保持に欠かせないものですが、エラスチンは30代半ばから再生することができなくなり、ヒアルロン酸は20歳を境にして低下していき、コラーゲンも加齢とともに減少していきます。中年になり、肌の衰えを実感するのはこのためです。

 


ゲル化粧品』は、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸をバイオの力で皮膚に浸透させさせていくので、肌の環境づくりには最適。

また、水分を補給し、外からの刺激によって水分が奪われないように作用します。さらに、単に水分を補うだけでなく、水分を効率よく活用できるよう、ゲル吸着によって水路網をつくり、水分を保持するシステムを確立する手助けをします。ちなみに、コラーゲンはニカワ質ですから、その中に多量の水分を含んでいるし、ヒアルロン酸はたった1gで6リットルもの水をゲル状で包みこむことができますから、ゲル化粧品が肌の水分保持にいかに有効かがわかります。

 

『ゲル化粧品は・・・』

水分と脂分を乳化させるために必要な界面活性剤を一切使用しておらず、また肌の老化物質になる香料・色素などもすべて排除しています。

さらに、ゲル化粧品のゲルは、人間の汗と同じ塩分を加えるとゾル化します。

つまり、化粧品として使用した場合、これを洗顔し洗い流しても川底や海底に蓄積するということがありません

自然治癒力が引き出すゲル化粧品
皮膚の異物を除去する
 

ゲルの強い吸着性は、表皮に蓄積している異常色素(しみ)を吸着するだけでなく、毛穴にたまった老廃物(スキンプラク)や脂、垢なども取り去ってくれます。また、化粧品の有効成分を吸着させ、その浸透や吸収を助けるという効果も期待できます。

体内にも酸素を補給する
 

ゲルは、通気性にすぐれているので、皮膚の新陳代謝に欠くことのできない酸素の吸収を妨げず、皮脂の過酸化を抑えて酸素の消費を節する働きがあります。また、鉱物のゲルに含まれるミネラルは、ゲルマニウムのように酸素を補給する働きがあるとも言われています。

皮膚の自然治癒力を高める
 

酸素の補給にゲルが関与していますが、その結果、細胞が活性化して自然治癒力が高まり、皮膚の障害を抑えるのです。ちなみにゲルには細胞周辺の流れをスムーズにして、細胞膜を強める働きがあるともいわれています。
自然治癒力を渇せ課させるゲル化粧品
 
皮膚も、老化を防ぎ、いつもイキイキした美しい肌でいるためには、肌が本来もっている自然治癒力を最大限に活性化させる必要がある。天然素材から抽出したゲルは、皮膚の表面にある角質層に浸透し、その皮膚の健康状態を改善し、古くなった角質層を取り除いて、肌の自然な働きである新陳代謝をスムーズにします。その結果、皮膚の自然治癒力が働いて、イキイキした素肌を保つようになり、さらに老化を遅らせるこにもなります。
基礎化粧品に欠かすことのできない4つの条件をクリア
 
★基礎化粧品の最大のコンセプト
自然治癒力をしきだす

ゲル化粧品は、基礎化粧品に欠かすことのできない4つの条件をクリア。その4つとは・・・。

 
@安全性

無香料・ノンオイル・非乳化でしかも高品質の成分しか使いませんから、安全性を満たしています。

A安定性

正しく保管すれば、2,3年は品質が変化しないので、安定性も十分です。

B有効性

自然治癒力を引き出し、肌を活性化させる有効性にも問題はありません。

C機能性

にきび、しみなど、肌への悩みへの合理的なケアを可能にした機能性も高く評価されています。

 

 

【紫外線は肌の敵】

 紫外線は、地上に降り注ぐ光の中では最も影響力の強い光です。骨の発育に必要なビタミンを作り、また免疫作用があるため、かつては“善玉”としてもてはやされましたが、現在では次のようなマイナス効果のほうが問題になっています。

@紫外線によって化粧品に使われる油脂が過酸化脂質になり、しみ、くすみ、色黒の原因になる。

A紫外線のうち、UV-B(中波長)は表皮の中ほどまで届きこれが炎症を起こし、色を黒くし、しみ、そばかすの原因になる。

B紫外線のうち、UV-A(長波長)は深く肌に浸透し、表皮を通り越して真皮のコラーゲンやエラスチンを傷め、これが肌の老化の原因になる

 さて、紫外線に当たってメラニン色素が増えた角質層は、その後しだいに肌の表面に押し出され、最後ははがれ落ちていきます。

 ところが、過度の紫外線にあたり続けると角化の速度がメラニンの生成に追いつかず、いつまでも肌の黒さが消えず残ってしまいます。

 このような状態のとき、その部分ではメラノサイト(メラニンを作る細胞)の働きを活発になり、黒化の進んだメラニンをたくさん合成してしまいます。このメラノサイトは多くの枝状の突起を出して、周囲の角化細胞に多くのメラニンを渡します。

 そして、4週間(28日)の角化サイクルでは、メラニンをもった黒い細胞がはがれることができず、しみ、そばかすを一層ひどくしてしまうのです。

【紫外線は夏だけでない】

日焼け対策というと夏だけと考えがちですか、紫外線は年間を通して襲ってきます。

紫外線は年間を通して襲ってきます。特にUV-Aは冬でも曇りでも常に存在します。上図でもわかるように、わずかな室外での家事の合間でも、紫外線は着々と肌に害を及ぼしていくのです。

 また、年間を通してみると、紫外線は月頃から量は多くなり、6月頃にピーク達するので、肌を露出する夏本番を迎える前に、すでに大量の紫外線を浴びている

日焼け止めクリームはシミの原因
紫外線吸収剤の内容は、ケイ皮酸、サルチル酸などから誘導された化学物質です。これらは、いずれも皮膚や粘膜を刺激したり中毒を起こす毒性があるこわい物質です。さらに、化粧品に含まれている油脂は夏の強い日差しにあたると過酸化脂質に変質し、しみや色黒、あるいは元に戻らない日焼けを招き寄せる原因にもなりかねません。こうした既存化粧品に変わる“紫外線カット商品”がゲルです。 特に、ゲル化粧品に含まれているUV対策に有効なものは・・・ グリチルリチン酸ジカリウム・・・ 日焼けによるしみ、ソバカスを解消 ◆オウゴン・・・ 日焼けによるしみ、そばかす、雪焼けに効果 ◆アラントイン・・・ 日焼けを鎮静する ◆天然ミンク油・・・ 紫外線の吸収と肌のガード ◆パパイン酵素・・・ ビタミンによるメラニン形成抑制。日焼け、雪焼けに効果。 ◆アルゲ酵素・・・ 日焼けによるしみ、そばかす、色素異常を防ぐ。 ◆プラセンターエキス・・・ メラニン形成阻害作用、しみ、そばかすの色素異常を防ぐ効果 ◆ヘチマリキッド・・・ 日焼けによるほてりの解消、しみ、そばかすの色素異常を防ぐ効果
天然の、『海』・『植物』・『動物』・『山』のゲルには、肌に大切なタンパク質、肌の防御力に必要な各種ビタミン、さらに自然治癒力に欠かせない無機質や微量栄養素が含まれていますから、ゲル化粧品を毎日使うことで、紫外線のダメージを残さないだけの力を肌に蓄えます。 【購入する場合は、成分をよく見てから購入しましょう!】

 【アトピーを撃退するゲル化粧品

ゲル化粧品には自然に存在するSOD様物質が多様に含まれ、さらにSOD様作用のある各種成分を配合してるので、SODの酵素が過剰な活性酸素を除去し、皮膚トラブルを解決します。

 前でもふれたように、活性酸素は細胞脂質を過度に酸化するので、不飽和脂肪酸と反応して過酸化脂質を作り出します。

 過酸化脂質は肌に対してさまざまな悪事を働きますが、アトピー性皮膚炎にも重大な影響があることがわかっています。

 過酸化脂質は真皮の中の弾力繊維エラスチンを破壊し、また色素沈着を起こす原因にもなります。ですから、過酸化脂質が増えれば増えるほど肌はくすみ、張りもなくなって老化しアトピーの大きな原因になります。

 さて、油脂を使った合成化粧品や、植物油や動物油を使用した自然化粧品は、肌に塗られた状態で5,6時間たつと、過酸化脂質に変化してしまいます。

 また、こうした化粧品は肌につけなくても、容器に入ったまま紫外線やショーウィンドーの蛍光灯にさらしただけで、過酸化脂質が作用し、それが原因でアトピー性皮膚炎を起こしてしまうのです。

 アトピーと化粧品の意外な因果関係に驚くことも多いと思います。このような化粧品を販売している化粧品メーカーでさえ、「塗って数時間たったものは過酸化脂質で、これは汚れだから洗顔するように」といっているくらいです。私たちは、ぜひ賢い化粧品選びを心がけたいものえdす。

 尚、ノンオイル、非乳化のリン脂質でつくらえたゲル状クリームと弱酸性石鹸が、アトピー性皮膚炎にすばらしい効果を示している実験結果が、現在、各方面より寄せられています。

 

 地球にやさしく、肌にやさしい・・・

今までの不可能が、ゲル化粧品の登場で可能に!

 

ゲル化粧品のことをもっと深く知るために・・・!

この資料はムラガバイオゲル・化粧品の黒と白という資料から抜粋
ゲル化粧品が酸素化粧品といわれるのは・・・
酸素は皮膚からも若干取り入れられますが(1/180)、大部分は肺呼吸によって体内に入り、血液によって全身の細胞に送り込まれます。
食物などに含まれて体内に入る場合はまず考えられません。
体内や皮膚の酸素を正常に保つためには、その圧政下(過酸化脂質)を抑える、その異常な消費を減らす(ゲルマニウム、ビタミンEなど)それしか手がないのです。まして大気の汚染などで空気中の酸素量が著しく減少し、化粧品の油脂や食品の不自然化等で、酸素の必要量が増大している今、健康上からも皮膚美容の点からも、酸素対策はきわめて重要な問題です。
ゲルは油脂のように過酸化する危険もなく、皮膚から酸素を奪うおそれもなく、さらに活性化を抑制するSOD様の物質を含み、相まって酸素の正常化をうすすめるというわけです
革命をもたらしたゲルとは・・・
ゲルというのは、色々なものに含まれている粘膜の総称です。コンブや山芋、オクラや粘土などのヌルヌルがそれです。
理化学的には、コロイド溶液(膠質が溶けた状態)がゼリー状に固まったものを言い、コロイド溶液が流動的に液体の中に分散している場合にはゾルと言っています。
自然界には各種の動植物や鉱石などに含まれていますが、私たちの体の中にも液胞として存在し、細胞にその糧を送り込むなどして、その活動を支えています。
化粧品の成分としてゲルを試みた例は全くなかったわけではありません。
ゲルの特性について・・・
●皮膚の異物を除去する
ゲルに強い吸着性は、表皮の異常色素(シミ)をはじめ、毛孔や汗孔にたまった老廃物、油汚れや垢を取り除くだけでなく、化粧品の有効成分を吸着させてその浸透と吸収を助けることも期待できます。
●酸素の吸入を助け消費を節約する
油脂にくらべて、はるかに強い通気性は、皮膚からの酸素を吸入を妨げることなく、また皮脂の過酸化を抑えて酸素の消費を節約することはいうまでもありません。
●皮膚の水分を保持する
ゲルには汗(水分)の分泌を正常に保つ働きがあるだけでなく、これを補足して乾燥を抑える保湿性がありますから、皮膚の潤いをあたえるだけでなく、その老化を阻む作用があります。
●細胞の活性化を促し、皮膚の自然治癒力を強める
酸素の補足と節約、吸着性、ゲルのこの特性からして、これはその結論といってもいいかもしれません。つまりゲルが油脂を追放する決定的な要素なのです。
『ゲル化粧品は、人工の皮脂膜をつくるのではなく、皮膚の生理作用を強めて、天然の皮脂膜の働きを強めます』
★化粧品の成分は吸収されて皮膚になります

人間の皮膚には下等動物と違い吸収する働きがは全くありません。吸収するというのは、真皮まで入り込んで血液により細胞の中まで運ばれる過程を指すもので、皮膚に栄養を与えるなどというのは全くでたらめ。
つまり皮膚に吸収されるのではなくて、表皮内に浸透すると言わなくてはなりません。
しかし皮脂膜や角層が傷つくと、油脂や乳化剤は吸収されやすくなり、栄養どころか皮膚の作用をいっそう低下させてしまいます。
リン脂質化粧品について知りたいのですが・・・
細胞の中にはリポソームという小器官があって、たんぱく質を合成し、細胞の増殖や再生に当っています。
このリポソームと同じ構造と性能をもった人工の細胞膜に海山の天然ゲルを包み込み、それぞれの有効成分を肌に送り込んで、皮膚の細胞の活性化をはかり、その老化を抑制しようとするものがリン脂質化粧品です
独自の製法によってつくられたこの類似細胞膜は、生体の細胞膜と同じリン脂質を主成分として、ほとんど変わらぬ性能を持っていますので、抵抗無く皮膚の細胞膜と合体し、細胞の代謝を促進して老化を抑えるというわけです。
皮膚の老化には加齢とともに進む場合と手入れの悪いために早まる場合がありますが、いずれにしてもその根本原因は細胞の衰えから。しかも一端老化したものはまず回復不可能。・・・というわけで45歳・50歳以上の方には欠かせない化粧品です。
シミの原因は遺伝的な体質によるものが多い?
シミの原因は大きく分けて2つの場合が考えられます。
@体内的な異常で、特に肝臓、婦人科的な疾患、ストレスなどによる副腎の機能障害などが考えられます。
A外部的な刺激によるもので、強い紫外線、化粧品に含まれる油脂や乳化剤、さらにその香料などが指摘されています。
シミは、皮膚内のメラニン色素が部分的に増加して、皮膚の褐色から黒褐色の色斑ができるものですが、問題は終戦直後合成化粧品の普及に比例して急速に増えた。
理由は単純明快
第1は油脂や乳化剤などの皮脂膜が損なわれて、日光などの刺激に対して太刀打ちできなくなったこと。
第2は過酸化脂質によって、色素形成細胞を刺激し、メラニン色素の異常増加を促すこと。