光を使った最先端の美容法です

fotof.jpg

 

foto1.jpg

 

【光フェイシャル】
face1.jpg
face2.jpg
face3.jpg
face4.jpg
face5.jpg
face6.jpg
shbm1.jpg
face7.jpg

 

photokakaku.jpg
foto-o1.jpg
photoop.jpg

日々の生活で低下している肌力を、本来の状態へと戻すべく開発した、肌再生のためのナチュラルピーリングメソッド。

BKハーバルトリートメント
habun.jpg
fdf1527ba917f8e1958e3c66ee8f93b6_aa552365ecc13e96a486285a681007cb.png

 

日々の生活で低下している肌力を、本来の状態へと戻すべく開発した肌再生のためのナチュラルピーリングメソッド。

ハーブをメインに使用し不要な角質の除去
有効成分の入れ込み
代謝を促すホームケア
の簡単ステップを繰り返すことにより、劇的な肌の生まれ変わりを体感いただけます。
【優れた特徴】
・簡単な施術で早い結果
・それぞれのスキンタイプやライフスタイルに合わせて施術可能
(2タイプご用意しております)
・オールハンドの施術
・ハーブピーリング発祥の地とされるドイツ生まれ
・植物由来で安心・安全
9144f6722d438e24799575cc1d3fd3a3_a079afe301ad3732886560d7846e18b3.png

 

5DAY トリートメント
fd1561a2727fdc4042c5712a4cfbfe2e_69f7d09aec48103d76aadbdf67fc5564.png
ht5.jpg
ha-bu5kakaku.jpg 

 

bk1.jpg
ha-bu1kakaku.jpg

 

ha0bo.jpg
ha-bokakaku.jpg

 

 

【注意事項】
BKハーバルトリートメントは、天然植物を主成分とし、お肌の再生を目的としたトリートメントです。

様々なお肌のトラブルやアンチエイジング効果が期待できるものですが、BKハーバルトリートメントは治療・治癒等を目的とした医療行為ではありません。

個人差がありますが、マッサージの際やマッサージ後にチクチクとした痛みが伴います。
お肌が活性され、老廃物を外に出そうとする作用が起こるため、腫れ、むくみ、赤み、目ヤニ、鼻水、だるさ、痒み等が出る場合や、一時的にシミ・くすみが押し上げられて濃く感じることがあります。

BKハーバルトリートメントの施術を受けていただくにあたり、多分に個人差や健康状態の影響がありますことをご理解ください。
施術例

若々しい素肌を保つために,ネックからフェイシャルの筋肉運動に着目したオリジナルマニュピレーション

 

若々しい素肌を保つために

ネックからフェイシャルの筋肉運動に着目した

オリジナルマニュピレーション 

 

 シワ・タルミといったエイジングトラブルの引き金となる

筋の疲労』を解消するマッサージ技法。

筋肉に刺激を与えて、血液・リンパ液の循環を促し、肌本来の自ら美しくなろうとする力』を引き出して、老化という現象を素早く効果的に解消する。

 スタッフは、ベルマン様のサーキュレーション技法を習得した『サーキュレーション セラピスト』の認定を受けております。

sa-kyu.jpg
sa-kyu1.jpg
sa-kyu2.jpg

 ●クレンジング

・角質の汚れを除去

・角質の軟化

 ●サーキュレーション技法

・血液・リンパ液の循環

・汗腺・皮脂腺の機能回復

・筋・および表情筋の疲労回復

 ●パック

・有用成分の吸収促進

・リラクゼーション

・冷却、鎮静

 ●整肌

・バリア機能の回復

 

 サーキュレーションのは下記の技法を組み合わせて行います

 ●軽擦法

・・・皮膚の表面を軽くなでたり、さすったりする技法

 ・リラックスする効果に優れていま

 ●強擦法

・・・皮膚の表面を強くさすたりする技法

・皮膚組織まで作用し、血液やリンパの循環を良くし老廃物の排泄を促します

 ●揉撚法

・・・筋肉までさようするように“もむ”“こねる”技法

・筋肉を活性させ、新陳代謝を促します

 ●打法

・・・皮膚を軽くたたく技法

・血液の流れを促進し、同時に皮膚や筋肉、神経の機能を高めます

 ●振動法

・・・皮膚に軽く、細かく、リズミカルな振動を与える技法

・末梢神経や小さな筋肉の機能を高め、リラクゼーション効果をもらたします

 ●圧迫法

・・・皮膚を圧迫する技法

・静脈血やリンパの流れを良くします

以下の症状のある方は、お控えください 

・妊娠初期(3〜4カ月)、および出産前

・発熱時

・化膿性皮膚疾患のあるかた

・循環系障害があるかた

・甲状腺の機能障害がある時

・外科的手術後3週間以内の方

試してみる価値有り・・・痩せる体操

日本経済新聞2007.07.07『HEALTH AND BEAUTY』より抜粋

【運動中・・・飲料選びはこまめに】
終了後「ビール!」の前に水

 

運動別の水分補給の目安
運動の種類発汗量補給のタイミング種類
日常生活の動き 少ない のどの渇きを感じたとき 1日当り1.5-2g 水道水やお茶
炎天下をスーツで歩く やや多い 外出前と外から戻った後 それぞれ約0.5gずつ 水もしくは糖分の少ないスポーツ飲料
1時間程度のウオーキング やや多い 歩き出す前と歩行中、終了後 前後はそれぞれ0.3gずつ、歩行中は0.5gくらい 水道水、ミネラルウオーターやお茶など
1時間程度のジョギング 多い 運動する前と運動中、終了後 前後はそれぞれ0.3g、運動中はこまめに 糖分の少ないスポーツ飲料
フットサル、テニスなど 多い 運動する前と運動中、終了後 前後はそれぞれ0.3g、運動中はこまめに 二アウオーターやスポーツ飲料など
水泳 多い 開始前、運動中30分ごと、終了後 それぞれ約0.3g スポーツ飲料が望ましい
ゴルフの1ラウンド 多い 前日、開始前と終了後、運動中は1ホールごと 活動の前後にそれぞれ0.3g程度。プレー中もこまめに スポーツ飲料が望ましい
京都女子大学の中井誠一教授や早稲田大学の樋口満教授の意見を基に作成
【ビールやアルコール類】
水分補給にはならず、逆に、体内から水分の排出を促す作用を持つ。激しい活動で脱水状態に近くなっているときに大量のビールをのむと、さらに身体の中の水分やナトリウムのバランスを崩してしまう。
【塩分補給をわすれずに】
「水分補給しながら運動しても体の中の塩分や水分が総量として不足しているのを忘れないこと」
中井先生のアドバイス○終了後にどうしてもアルコール類をおみたいなら・・・
 最低でも500ml程度、できればナトリウムを含んだ飲料をとって体内の水分や塩分を戻してからのほうがよい。
樋口教授のお話
○1時間以上続くような激しい運動の場合は・・・
水やお茶よりも、5−15度に冷やした、ナトリウムを含む飲料のほうがよい
【スポーツ飲料】
体内から失われた塩分を補給する機能もある。塩分濃度は0.1−0.2程度。最も水分吸収しやすいレベルでもある。ナトリウムの量にすると40−80rになる。
市販のスポーツ飲料の場合、ナトリウムの濃度は様々なので、成分表示を確認。塩分濃度が気になる高血圧の人は、栄養素や果汁などを加えた0.1%程度のリアウオーターを選ぶのもよい。
体温が上がると、体を冷やそうと皮膚表面から水が蒸発、乾燥の原因になる。